中国でNIKEのシューズができるまで


まるでたい焼きを焼くかのようにゴム底を作り、縫い合わせる作業はミシンをずらっと並べてやっています。中国=人海戦術のイメージがありますが、かなり丁寧に作られています。

詳細は以下の通り。ずらりと並んだのは型取りにつかう木型です。足のサイズごとにあるのでこんなに必要なようです。


作るのに使う布やゴム。ぎっしりです。


靴底を作っているようです。側面には少し多くゴムを使うんですね。


そうやって作った底。上の方はまたあとで加工するからなのか、ギザギザで適当です。


底の形はこうやってつけていたのか…まるでたい焼きみたいですね。


この人は側面の加工をしている模様。


色違いのものは別々に作ってはめ込みます。


できる限り無駄な部分を出さないように切っていく職人の技。


年季の入ったミシンで縫っています。


いろんなミシンが並んでいます。


こうやって見てみると、多少散らかっていますがさすがNIKE、労働環境は悪くなさそう。

ほかにも以下に写真がたくさんあります。

NIKE FACTORY

靴の製造過程は以下の通り。

製造過程

ちなみにルイ・ヴィトンの場合。

YouTube - Louis Vuitton Shoe Factory

どこでも人の手で作っていますが、やはり人の手で作る方が確実で安いんでしょうね。

これを見て分かるとおり靴はすべて手作りなので、買う際はよく見て買いましょう…一つ一つ少しずつ違うはずです。

・関連記事
歩いている途中でほどけない靴ひもの結び方いろいろ - GIGAZINE

MP3プレイヤー内蔵スニーカー「CODE M」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log