メモ

0円でコピーできる「タダコピ」ができるまで


普通は10円入れると1枚コピーできるわけですが、「タダコピ」だと0円。コピー用紙の裏に広告が掲載されているので、それと引き替えに無料になっているという仕組み。設置場所は今は大学がメイン。なので、広告を出す側もユーザー層がはっきりしているためターゲットを狙いやすく、広告を出しやすいというわけ。

コピー利用後の見た目としては、チラシの裏にメモる感覚の延長線上なので特に違和感もなく利用されている模様。両面ともコピーすることはあまりないことを考えると、本当に秀逸な発想です。

そんな「タダコピ」がスタートするまでを、取締役がブログに書いているのを発見しました。なかなか面白い。詳細は以下から。
(´∞`)モヒッ ~壁は扉だ~:タダコピ 構想~開始までのストーリー - livedoor Blog(ブログ)

代表取締役の方のブログにも同じようなことが書いてあります。

ご紹介ありがとうございます。|オーシャナイズ 快進記

何よりすごいのがこの協賛企業実績の一覧。

協賛企業実績

発想のすごさよりも、これだけの協賛企業を集めた営業力がすごい。

あとこのタダコピ、図書館に置いて欲しいかも。新聞とかの記事を時々、ネットには掲載されていないからコピーして持って帰りたいときとかがあるので。

・関連記事
端末料金・事務手数料・基本使用料が無料の大学生限定スマホ「タダスマ」 - GIGAZINE

CRCエラーでも無理矢理コピーするフリーソフト「CD Recover」 - GIGAZINE

Linuxで動くDVDのコピーツール「k9copy」 - GIGAZINE

コピペ中のハードディスクの中は一体どうなっているのか? - GIGAZINE

関西学院大学前の講義ノート屋、ついに閉鎖か - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log