ソフトウェア

アンチウイルスソフトの動作確認用テストウイルス「EICAR」


アンチウイルスソフトをインストールしているものの、実際にウイルスがパソコンに侵入した場合、どのようなウインドウが出るのか、あなたは知っているでしょうか?また、そのアンチウイルスソフトはちゃんと常駐しているのだろうか?そもそも停止せずに動いているのか否か?

そういう状況を確認するために、実際には何も害を成さないテストウイルス「EICAR」というのがあります。いわば検出用のテストファイルであり、これを使うことで安全に、ウイルスを検出した場合の挙動の確認などができます。

以下のサイトからダウンロードできますので、自分の使っているアンチウイルスソフトが実際にウイルスを検出した場合にどういう風になるのかを知らない人は試してみましょう。
各製品共通テストウイルス

EICAR test string を使って Norton AntiVirus をテストする方法

eicar - Anti-Virus test file

「EICAR」の作り方は以下のページにて説明されています。メモ帳などのテキストエディタがあれば自作可能です。

EICAR test file

特に圧縮したファイルでもちゃんと検出できるかどうか、添付ファイルはどうか、などなど、いろいろな状況を想定してテストできるので、「ウイルスが侵入したらどう対処すべきか」という訓練にも使えます。

・関連記事
最強のウイルス対策ソフトはどれなのかランキング2009年8月版 - GIGAZINE

悪意あるソフトの80%はアンチウイルスソフトが効かない - GIGAZINE

そのファイルがウイルスなのかを調べる「WhatIsThatFile.com」 - GIGAZINE

コンピュータウイルスの発生状況を世界地図で表示する「F-Secure World Map」 - GIGAZINE

ノートンアンチウイルスクラッシャー - GIGAZINE

ファイルをパスワード付きZIP圧縮し、身代金を要求するウイルス「Cryzip」 - GIGAZINE

コンピュータウイルスを持っているだけで刑務所行きになります - GIGAZINE

セキュリティソフトの押し売りに注意 - GIGAZINE

30%のユーザーがまだセキュリティ対策を行っていない - GIGAZINE

「svchost.exe」の正体を探る - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス,   メモ, Posted by darkhorse_log