ネットサービス

広告がマンガになっているクチコミック「広告物語。」


最初に何の予備知識もなく読み始めて、「一体コレは何の広告なんだ…?」と思って読み進めていくと、想像を絶する展開になって思わず呆然。これが何の広告か一体何ページ目でわかるのかということで、周囲の編集部員で試してみましたが、誰も序盤で当てられませんでした。

というわけで、まずは読んでみましょう。
広告物語。サンプルマンガ「瀬をはやみ」

最後のあたりの怒濤の展開であごが外れる経験はしていただけたでしょうか?こんなのわかるわけありません(苦笑)

作っているのはこの会社。ほかにもいろいろサンプルが置いてあります。その発想に脱帽。

クチコミックシリーズ「広告物語。」商品サンプル

いいなぁ、これ……GIGAZINEバージョンも作って欲しいかも……。

今までいろいろな広告パターンを見てきましたが、これはある意味、ネット上で行うと意外に親和性が高そうな気がする。今後もサンプルを増やして欲しい……。

・関連記事
オーストラリアのスパイ機関「ASIO」がネット広告で人材募集 - GIGAZINE

あなたがGoogleで検索する度に12セントがGoogleの収益に - GIGAZINE

ペプシの電車内広告にイヤホンを突っ込むと音が聞こえる - GIGAZINE

「ミリオン・ダラー・ホームページ」のビルディング版が登場 - GIGAZINE

約3万件の苦情・クレームを無料公開 - GIGAZINE

PHPとMySQLであらゆる広告を生成して管理する「phpAdsNew」 - GIGAZINE

Google Adsenseでクリック単価の高いキーワードの見つけ方 - GIGAZINE

in ネットサービス,   マンガ,   メモ, Posted by darkhorse_log