ffdshowより便利なコーデックセット「CCCP」


ほとんどのAVI形式、MKV形式、OGM形式、MP4形式のムービー再生が可能になります。

中身はffdshowの最新版やWindows Media 9 VCM、MPV (MPEG2) Decoder、CoreWavPack、Haali Media Splitter、VSFilter、Media Player Classic、Zoomplayerで、これらをまとめて一発でインストールできます。個別に選んでインストールすることも可能なので、プレイヤーだけ抜く、とかもできます。

DivXとかなんだかよくわからない形式などのムービー詰め合わせを、パソコンにあまり詳しくない初心者などにあげる場合、問題になるのが再生に必要なコーデックとプレイヤーに関してですが、この「CCCP」ならコレ一本でほとんど対応できるのでかなり便利。

ダウンロードは以下から。ついでに実際にインストールする場合はどうなるのかもレビューしておきます。
Combined Community Codec Pack

ダウンロード | CCCP (Combined Community Codec Pack)

ダウンロードしたインストーラを起動するとこの画面になるので、「Next」をクリック


プレイヤーは不要という場合は「No Player」を選んでおきます


次も「Next」をクリック


「Install」をクリック


インストール中…


「Close」をクリック、これで完了です


ここで「いいえ」をクリックすると設定画面になります


設定はこんな感じ、どのデコーダーを使うか、タスクトレイにアイコンは表示させるか、などを設定できます


ファイルの関連づけも操作可能


なお、RealAudioやRealMedia形式を再生したい場合は以下も必要です。

Real Alternative

QuickTime形式を再生したい場合はコレが必要。

QuickTime Alternative

・関連記事
あらゆるマルチメディアファイルを相互変換するフリーソフト「SUPER C」 - GIGAZINE

YouTubeのムービーをダウンロードしてMPEGに変換 - GIGAZINE

あらゆるマルチメディアファイルを相互変換するフリーソフト「MediaCoder」 - GIGAZINE

0

in レビュー,  ソフトウェア, Posted by darkhorse_log