Blu-rayとHD DVDの両規格を一枚の光ディスクに入れる技術


次世代DVDとしての規格争いを繰り広げ、結局統一しないままスタートを切ったBlu-rayとHD DVDですが、一枚の光ディスクに両規格を入れることができる技術が開発されたそうです。

この技術によってBlu-ray、HD DVDの両方の規格で収録された映像ソフトが店頭に並ぶようになれば、自分の持っているプレーヤーで見られるのかどうかを悩む必要が無くなるかもしれません。

詳細は以下の通り。New technology could nip DVD format war in the bud | Tech&Sci | Technology | Reuters.co.uk

この記事によるとイギリスのメディア技術企業が一枚の光ディスクを最高10層の多層構造にすることによって、Blu-rayとHD DVD規格のデータの両方を収録させることに成功したそうです。

また現行の1層ディスクの生産コストが一枚あたり6セントなのに対して、この新しい技術を用いた多層構造のディスクは9セントしかかからず、多層構造のディスクを生産するのに1層の時の3倍のコストがかかっていた従来の技術よりコスト面でも優れているとのこと。

なおそれぞれの次世代DVDについては下記のページが詳しい。

Blu-ray Disc - Wikipedia

HD DVD - Wikipedia

・関連記事
64GBのメモリカードが生産可能に - GIGAZINE

50テラバイトのDVDを開発 - GIGAZINE

第一世代のホログラフィックストレージは1枚300GB - GIGAZINE

0

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log