ハードウェア

USB2.0接続外付けハードディスク3台をRAID5にする方法


Ubuntu Linux Server (Dapper)を使って、USB2.0接続外付けハードディスク3台をRAID5として運用することが可能なようです。安価と言えば安価かも。

実際に稼働しているムービーはこちら。
TechEBlog >> USB 2.0-Based RAID 5 Solution

YouTube - USB 2.0 based RAID 5 solution

USB接続なので、一応ホットスワップもできる…らしい。この例ではWestern Digitalの320GBのハードディスク3台を使っています。コストパフォーマンス的にはどうなんでしょうかね、こういうのに適した構成というのは?

・関連記事
使用不能になったハードディスクを復活させる「HDD Regenerator」 - GIGAZINE

ハードディスクの使用量を調べるフリーソフトいろいろ - GIGAZINE

ハードディスク診断ソフト「Data Advisor」の使い方 - GIGAZINE

ハードディスクの容量が約10倍になる技術をSeagateが開発 - GIGAZINE

世界初のハードディスク「RAMAC」はわずか5メガバイト - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log