×
ハードウェア

1億6000万画素の超巨大デジタルカメラ


日本では1000万画素のコンパクトデジタルカメラが今年になってようやく出ましたが、外国では全くスケールの違うデジカメが発表されました。携帯性などという概念が吹き飛ぶ圧倒的な画素数とデカさです。

詳細は以下から。
Seitz 6x17 Digital

縦6:横17の比率のパノラマ写真が1秒で撮れるそうです。幅は約50cmで重さは2.8kgあります。上の画像のように撮影時に手で保持するのは無謀かもしれません。


裏はこんな感じ。


コントロールユニットはPDAで取り外しが可能。


ISO感度は500~10,000、シャッタースピードは1/20,000秒からでファイルサイズは圧縮しなければ1枚約1GB。そして大容量ファイルを扱うためのストレージとしてMAC miniが付属するそうです。ちなみに値段はmobile versionが45,500フラン(約427万円)でstudio versionが42,300フラン(約397万円)だそうで、あらゆるスケールが大きいようです。

・関連記事
携帯電話のカメラをかざすと英単語を翻訳する「カメラ辞典」 - GIGAZINE

写真を3次元空間に自由に配置できる「Photosynth」 - GIGAZINE

Windows Live Localで使う新型デジカメ「UCX:UltraCam-X」 - GIGAZINE

本を1時間で1000ページスキャンできるスキャナ「BookDrive DIY」 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log