YouTubeとワーナーが提携


現地時間の9月18日、YouTubeとWarner Music Group Corp(WMG)が提携を発表しました。WMGに所属するアーティストの舞台裏風景やインタビュー、オリジナルのコンテンツをYouTube上で配信するそうです。

一瞬、目を疑いましたが事実のようです。このままつぶれずに成長していってくれればよいのですが、ユーザーの反応が気になるところ。

提携の詳細は以下の通り。
Warner Music Group and YouTube Announce Landmark Video Distribution and Revenue Partnership(YouTubeのプレスリリース)

Warner Music Group and YouTube Announce Landmark Video Distribution and Revenue Partnership(ワーナーミュージックによるプレスリリース)

WMGにとってはYouTubeの持っている莫大な量のユーザーコミュニティが魅力であり、それら多くの潜在的ユーザー及び既存ユーザーにアプローチできる点がメリットであると考え、今回の提携に至ったようです。

で、どうやら著作権レポートシステムというのがYouTubeに今後搭載され、YouTubeのコミュニティ(参加者)はこのシステムを使って合法的にWMGのコンテンツの一部に対して利用料の支払いが可能になるっぽいです。また、WMG側などはこのシステムを使って自社の提供したコンテンツがYouTube上でどのように利用されているのか追跡可能になるとのこと。課金などもできるようになる見込み。

つまり、WMGが権利を持つコンテンツについては利用料を支払うことで利用可能になるシステムがYouTubeに組み込まれ、それで発生する利益についてはYouTubeとWMGで分けるという仕組みのようです。

このシステムは年末に搭載予定で、これによって各レコードレーベルやテレビネットワーク、映画スタジオなどが自社のコンテンツをYouTubeでどのように合法的に利用できるか、課金はどうするか、権利はどうするかなどを決めることができるというわけです。

特にこのシステムの優秀な点は、著作権について自動的に判別するシステムであるということ。YouTubeにアップロードされたコンテンツを自動判別して追跡し、ロイヤリティの問題を解決する手助けをするらしい。そういうことをすればいいのに…と思っていたものが本当に実現するとは…。

なお、YouTubeは2005年2月に創設され、現在、1日のページビューは1億、毎日6万5000のビデオファイルがアップロードされているそうです。

・関連記事
YouTubeのムービーをダウンロードしてMPEGに変換 - GIGAZINE

YouTube歴代第1位は「Evolution of Dance」 - GIGAZINE

YouTube、世界最大級のSNS「MySpace」についに追いつく - GIGAZINE

YouTubeでトップに立った英国在住79才の男性とは? - GIGAZINE

0

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log