スクリュードライバーを忍者の手裏剣っぽく投げる方法


一応、ちゃんとした解説ムービーです。スクリュードライバーを忍者が使う手裏剣のように投げ、本当に木に刺さったりします。一体コレが何の役に立つのかは分かりませんが、黙々と練習するこのムービーを見ていると何か熱くこみ上げるものが(略)

再生は以下から。
YouTube - Screwdriver Shuriken Tutorial

一応これが公式サイトらしきもの。

Secrets of Shuriken-do, the Japanese art of blade throwing homepage

ダーツと間違えているわけでもないようですし、かなりマジメっぽい。

ちゃんとムービー中で出てきたチュートリアルのテクニックについても、ものすごく詳細に解説されています。

Secrets of Shuriken-do, the Japanese art of blade throwing homepage - basic techniques

このあたりも詳しい。

西郷派大東流合気武術 合気手裏剣術

標的に尖先を鋭く突き刺す為には、手裏剣を大上段に構え、日本刀のように、手裏剣を鋭い一刀両断の斬り込みに見立てて、敵の頭部に斬り込む要領で、気魄(きはく)と、そのイメージを以て打ち込む事が大事である。


メモメモ……。そのほかにも非常に詳しく細かく練習法まで上記ページには網羅してありました。一体何の役に立つのか分かりませんが、面接などで「特技は手裏剣投げです、不法侵入者とかを撃退できます、バールのようなモノにも勝てます」と言えばOKかもしれません。

なお、このある意味ホンモノの手裏剣、おいくらなのかと思って読み進めてみると、1本6000円らしい。結構高いですね。

0

in 動画, Posted by darkhorse_log