レビュー

マイクロソフト製サイト作成ソフト「Expression Web」日本語ベータ版


以前まで「Microsoft Expression Web Designer」という名称だったモノで、日本語ベータ版は無料で利用できます。ウリとしては、Web標準へ準拠しており、なおかつ洗練されたCSSページレイアウトが可能という点。

個人的には、Wordで作ったHTMLを最適化する機能やCSSなどのチェック機能、アクセシビリティの検査機能がなかなかお役立ち。使用感はDreamweaverっぽい。

というわけで、ダウンロードして実際に動かしてみました。
Microsoft(R) Expression(R) Web 日本語ベータ版

起動にはMicrosoft .NET Frameworkが必要で、上記ページにダウンロード用のリンクが用意されています。

インストール可能な環境はWindows XP + SP2、Windows Server 2003 + SP1、Windows Vista。推奨ハード環境はCPUが233MHz以上、メモリが128MB以上、ハードディスク容量は400MB以上必要だそうです。なお、手元の環境では標準インストールだと1367MBの空き容量が必要でした。

ダウンロードしたインストーラを起動


「実行」をクリック


しばらく待つ


チェックを入れて「次へ」をクリック


「今すぐインストール」をクリック


インストール中です…待ちましょう。結構時間がかかります。


なお、実際に必要な容量や空き容量は以下の通り。


インストールが終了したので「閉じる」をクリック。この時点で勝手にデフォルトの日本語入力がMS-IMEに変えられています。また、HTMLファイルの関連づけもIEにされてしまいますので要注意。


初回起動時はこのようなウインドウが出ますので、とりあえず「いいえ」をクリック。


「次へ」をクリック


今回は本格的な使い方はしないので、「使用しない」にチェックを入れて「完了」をクリック


こんな感じのインターフェースです。Dreamweaverっぽい。


各メニューの中身を見れば、大体何ができるかわかります。

「ファイル」


「編集」


「表示」


編集記号の表示ももちろん可能


ルーラーも表示できます


ページサイズも変更可能


ツールバーもいろいろ


「挿入」


このあたりはマイクロソフトらしい


「書式」


「ツール」からはいろいろなチェックが可能


「アクセシビリティ チェック」


「互換性チェック」


HTML 4.01準拠かどうか検査できます


XHTMLも検査可能


CSSもチェックできます


「CSS レポート」


利用状況の変更


また、「HTMLの最適化」は非常に強力


試しにWordで作った9.05KBのHTMLファイルで実験してみたところ、3.95KBまでファイルサイズが減りました。

この最適化はFTPやWebDAVなどによる更新時に自動的に最適化するといったことが可能

・関連記事
Dreamweaverの代わりになるフリーソフト「Aptana」 - GIGAZINE

タイムラインベースでFlashを作るフリーソフト「Suzuka」 - GIGAZINE

ブログのCSSデザイントップ20 - GIGAZINE

CSSとHTMLをリアルタイムに書き換えてプレビューできる「rendr」 - GIGAZINE

ドラッグ&ドロップでブログをデザインできる「Canvas for Wordpress」 - GIGAZINE

CSSで角をもっと丸くする方法いろいろ - GIGAZINE

CSSのレイアウト40種類を集めた「Layout Gala」 - GIGAZINE

使えるCSSコードいっぱい「Dynamic Drive CSS Library」 - GIGAZINE

CSSファイルを減量化するサイト「CSS Tweak」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log