64GBのメモリカードが生産可能に



サムスンが従来より大容量のフラッシュメモリの生産を実現したそうです。11月から量産に入るとのこと。参考までに64GBのメモリカードにはDVD画質の映画が40時間分入ります。

詳細は以下の通り。SAMSUNG Announces First 40-nanometer Device -- 32 Gb NAND Flash with Revolutionary Charge Trap Technology

この発表によると、サムスンは40ナノメートルの生産プロセスを用いることによって32Gb(ビット。1バイトは8ビット)のフラッシュメモリの生産を実現したそうです。理論上では最終的に20ナノメートルの生産プロセスで256Gbのフラッシュメモリを製造することも可能だとのこと。そしてこの32Gbのフラッシュメモリを複数枚組み合わせることにより、最大64GBのメモリカードが製造可能になるそうです。

さすがに64GBともなると価格が気になるところですが、容量がどれだけあっても足りないデジタルカメラユーザーなどにとっては朗報ではないでしょうか。他にもノートパソコンに挿すなどして足りないHDDの補完をするといった使い方や、あるいは大容量のフラッシュメモリでできたHDDを搭載したパソコンなどといったものにも期待できそうです。

・関連記事
サムスン電子のサイトにトロイの木馬 - GIGAZINE

32GBフラッシュメモリが年内に登場、iPod nanoも容量アップか - GIGAZINE

8GBタイプのiPod nanoは年末に登場? - GIGAZINE

「type U」の「16GBのフラッシュメモリー搭載」モデル - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log