リプトンのオレンジティーとグレープティー飲み比べ


リプトンから夏限定で「オレンジティー」が、そして秋限定で「グレープティー」が出ているわけですが、どっちの方がおいしいのか飲み比べてみました。

なんとなくオレンジの方がさわやかそうではありますが、グレープの実力やいかに?
Lipton 製品紹介:紙パック

グレープティーはコンコードグレープ果汁を使用しており、オレンジティーはバレンシア果汁を使用しています


色はこんな感じ


オレンジは思った通りの味ですが、ちょっと薄く感じます


対してグレープの方は予想以上にマッチした味。かなりおいしい。風味もよく、紅茶との相性がいいのだという事実にオドロキ。


パッケージをよく見れば分かるのですが、グレープの方が果汁成分の割合が多いので味が濃いようです。かといってオレンジは多くすると酸味がきつくなりすぎるのかな…?

というわけで、それぞれ確かに夏向きのオレンジと、秋向きのグレープといった感じでした。涼しい日はグレープの方がオススメ。

0

in 試食, Posted by darkhorse_log