Googleのイメージ検索精度を上げる「Google Image Labeler」開始


Googleには「Google イメージ検索」というのがあり、その単語と関連の高い画像を次々と表示してくれる便利機能があるわけですが、やはりその精度には限界というものがあるわけです。

そこで新しく登場したのが「Google Image Labeler」というもの。これは表示されている画像に対し、その画像が一体何を示しているのかラベル(というかタグ)を入力することで特徴づけていこうというもの。

そうすると、デタラメなラベルやタグを入力されたらどうなる?という問題が出てくるわけですが、そこのところをうまく解決する仕組みが採用されています。

実際にやってみましょう。
Google Image Labeler
http://images.google.com/imagelabeler/

アカウントを持っている場合はログインして使うこともできますし、アカウントが無くても参加できます。ただしログインするとランキングに名前が載ります。

仕組みは簡単、「Begin as a guest」のボタンをクリックするとスタート。


持ち時間は90秒。その間に、表示された画像から連想する思いつく限りの単語を次々と入力し、「label」をクリックします。何も思い浮かばない場合は「pass」をクリック。同じ画像を見ている人がオンラインでもう一人いて、お互いの入力した単語が一致すればスコアが加算されます。


終わると相手の名前とかスコアが表示されます。


つまり、ラベルを黙々と入力する作業をしているという感覚ではなく、ゲーム形式で競わせることでより効率的に支援してもらい、なおかつ同時に何の関係もない2名に入力させることで、ラベルの質も保持しようというわけです。

なかなか上手い仕組みを考えたものです、感心。

in レビュー,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log