オープンソースソフトを格付けした「NRIオープンソースマップ」


野村総研が企業システム向けにオープンソースの各ソフトウェアを格付けして判定し、マップにして見やすくしたモノです。

判断基準は、関連ドキュメントの量・種類、リリース回数、品質などの「成熟度」と、ウェブサイトでの関連用語登場回数、検索サイトでのヒット数などの「プレゼンス」という2つの軸。

詳細は以下の通り。
オープンソースソフトウェアをレーティングした「NRIオープンソースマップ」を作成~オープンソースソフトウェア評価・検証の選別基準に~

MySQL」「PostgreSQL」「JBoss Application Server」「Apache Tomcat」などが、「成熟度」「プレゼンス」ともに高いレーティングになってますね。つまり、企業システムで使えるオープンソースということらしい。

なお、今後はこの「NRIオープンソースマップ」の評価項目を増やし、レーティングの精度を上げ、開発フレームワークなどにも対象範囲を拡大する予定とのこと。

なんとなく妥当な範囲の結果ばかりですが、企業などで導入を推進する際の資料として添付すれば上司を納得させることができるかも。

0

in ソフトウェア,  メモ, Posted by darkhorse_log