WinRAR 3.51のシングルライセンスを無料で入手


Shareware Industry Awards Foundationが毎年開催しているソフトウェアに賞を与える催しにて、2006年度のベストユーティリティ候補としてWinRARが選出されました。

WinRARというのは、ZIP形式に比べて、比較的高い圧縮率を持つ「RAR形式」の圧縮ファイルの作成と解凍ができるソフト。リカバリレコードというのを付けられるので、ファイルをダウンロード中に破損していても自力で修復できたり、任意のサイズで分割できたり、いろいろできて便利。

ということで、ノミネートを記念して現地時間の7月30日0時から24時までWinRAR 3.51のシングルライセンスを無料で配布するそうです。

詳細は以下の通り。
WINRAR 3.51 Free Sunday July 30th 2006 - Neowin.net

残念ながらこのシングルライセンスを使ってバージョンアップはできないらしいですが、バージョンアップしなくてはならないほどの驚愕的な追加機能がそんな簡単に出そうはないので、普段の実用には何も差し支えはないかと。

問題はこの現地時間なのですが、「CET」となっているのでCentral European Time、中央ヨーロッパ時間となっています。日本標準時で考えると2006年7月30日(日) 午前8時から2006年7月31日(月) 午前8時まで、となります。あれ、夏時間は考慮した方がいいのかな…?

中央ヨーロッパ夏時間 - Wikipedia

いずれにせよ、日曜日の間にライセンスをゲットすれば問題ありません。これって日本語版でも使えるのかな?

2006/07/30 11:25追記
日本語版でも使えました。また、ものすごく公式サイトが重いですが時間を空けてリロードしているとつながります。

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log