ネット上の電子メールの86%はスパム


Postiniという会社の集計によると、5月に処理された250億通の電子メールのうち、実に86%がスパムメール、いわゆる迷惑メールだったそうです。

また、メッセンジャーを使ったスパム行為も急上昇しており、先月比で500%増加しているとのこと。

詳細は以下の通り。
Technology News: Security : Report: Spam Accounts for Most E-Mail Traffic

一応、日本ではこういうのがあるようです。

迷惑メール相談センター トップページ|(財)日本データ通信協会
http://www.dekyo.or.jp/soudan/top.htm

違反メールの情報提供|迷惑メール相談センター|
http://www.dekyo.or.jp/soudan/3ihanmailuketuke.htm

通報方法は2つ、meiwaku@dekyo.or.jpへ転送するか、あるいは以下のフォームから連絡。

情報提供フォーム(表示義務違反)
https://www.dekyo.or.jp/soudan/meiwakuform.html

どれぐらいの効果があるのか知りませんが、一応迷惑メールを送信しまくる業者が逮捕された例はあります。

迷惑メール事業者に対する初の業務停止命令(METI/経済産業省:PDFファイル)

また、当該広告メールの送信元には偽造アドレスを使い、ヘッダ情報も改ざんする等、受信者に送信元がわからないように送信をしていた。同社の社員又はアルバイトは、広告メールを1日20時間体制で送信しており、1日約40万通、1ヶ月では約1200万通にも及ぶ大量送信を行っていた。


想像を絶する作業ですね、おそらく半自動化されているのでしょうが……

0

in メモ, Posted by darkhorse_log