メモ

かなり不気味な「国民保護に係る警報のサイレン音」


間違ってもコレを目覚まし時計の音にしてはいけません。

この音の詳細は下記の通り。
国民保護のための情報伝達の手段 - 内閣官房 国民保護ポータルサイト

警報が市町村から住民に伝達される際には、武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生したと認められる地域に当該市町村が含まれる場合には、原則としてサイレンを使用して注意喚起が図られることとなっています。政府は、平成17年7月、国民保護に係る警報のサイレン音を決定しました。


ちなみに現時点では、本日、6月17日中に北朝鮮がテポドン2の発射を行う可能性が大だそうで。

「17日にも発射」=政府筋が見通し-北朝鮮弾道ミサイル

この音が聞こえたら…。

・関連記事
緊急警報放送の音とはどんなものなのか? - GIGAZINE

緊急地震速報をパソコンに表示する「The Last 10-Second」で訓練してみた - GIGAZINE

ゲーム中の画面に現実の緊急速報を表示するシステムが検討中 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log