ソフトウェア

全然安全じゃない恐怖のブラウザ「Safety Browser」


「Safety Browser(セーフティーブラウザ)」、要するに安全なブラウザという名を持つ、全く安全でない驚愕のブラウザが存在するそうで。この「Safety Browser」は一部のメッセンジャー経由で感染するワーム(ウイルスの一種みたいなもの)が勝手にインストールしてくれるもので、勝手に標準のブラウザとして起動するようになり、以降、すばらしいまでのセーフティーぶりを発揮してくれます。

1.起動した際のホームページがころころ変わる
2.起動する度に妙な音楽が無限ループで再生される
3.自動的に起動してスパム広告を強制的に見せられる
4.ポップアップ広告を遮断できない


ほかにもいろいろとつっこめばきりがないくらいに愉快なブラウザのようです…The Greynets Blog: The (un)Safety Browser: Latest IM Hijack

さらにメッセンジャーでチャット中に起動していると勝手に相手にメッセージを送信し始めます。相手がなんだろう?と思ってそのリンクをクリックすると自動的に「Safety Browser」がダウンロードされてインストールされるという仕組み。なんという恐ろしい仕様!

しかしネーミングセンスが最高ですね、「Safety Browser」とは…。「私は悪者ではありません!」と悪者が叫ぶB級映画でもここまでぶっちぎりのセンスをしていないはずですが…。

in ソフトウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log