Firefoxをアンインストールする5つの理由


Firefoxのアンインストール時にその理由を尋ねるというアンケート機能が実は付いており、その結果が一部集計されたようです。以下がアンインストールする5大理由。

1位:再インストールするから一時的にアンインストールするだけ

2位:いくつかのページがちゃんと見えなかったから

3位:いくつかの機能が動かなかった

4位:パフォーマンス上の問題(遅い、メモリ使いすぎ)

5位:プラグインの互換性(Flash、PDF、WindowsMediaPlayerなど)

schrep's blog: Newer Uninstall Survey Data

1位はともかくとして、2位は深刻な問題。アンインストールするまで不満を感じるのだからおそらくは個人サイトの見映えがどうこうではなくて企業のサイト、おそらくはいろいろなもっと一般人が使うサービスあたりのネットサービスに関わるサイトなのでは?例えば銀行のオンラインバンキングでちゃんと動いてくれるようになるだけでもかなり違ってくるはずですが…。

Mozilla Japan ナレッジベース - 取引銀行のオンラインバンキングが利用できない
http://www.mozilla-japan.org/kb/solution/2067

3位はまぁ拡張機能の方の不具合なのか本体のバグなのかまでは分かりませんが、改善すれば戻ってきてくれる可能性はある。次のFirefox2ではレンダリングエンジンよりも使い勝手、いわゆるユーザビリティの改善がメインなので、本当はちゃんと使えるのにインターフェースの不備で使えないと勘違いするケースとか使いにくいと感じるケースは減っていくでしょう。

4位は次の次のFirefox3で解決予定。レンダリングエンジン自体の持っているバグを解消してパフォーマンスを改善する予定だそうなので。個人的にはこっちの方を先に何とかしていただきたいのですが、目に見えやすい方を先に解決すると言うことでしょう。

Mozilla Firefox 2 ロードマップ
http://www.mozilla-japan.org/projects/firefox/roadmap.html

5位は一体どういう問題なのか分からないのですが…FlashもPDFもストリーミング再生も問題なくできているのですが、できない環境というのが存在するのかな?

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log