起動しなくなったXPを救う「Rebuild」コマンド


無効な BOOT.INI ファイルです

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:
Windows\System32\Hal.dll


と表示された場合、WindowsXPは起動すらしてくれなくなるわけですが、回復できるコマンドが存在しているようです。覚えておくと万が一の事態になった際に役立つかも知れません。
InformationWeek | XP Management | Langa Letter: XP's Little-Known 'Rebuild' Command | 4 17, 2006
http://www.informationweek.com/story/showArticle.jhtml?articleID=185301251

・簡単な手順解説:
XPのセットアップCDから起動して回復コンソールを表示する
「Attrib -H -R -S」を「C:\Boot.ini file」に対して行う
「C:\Boot.ini file」を削除
「Bootcfg /Rebuild」コマンドを実行
「Run Fixboot」コマンドを実行

これだけだとあまりにも意味不明すぎるのでさらに調べてみたら、マイクロソフトのサイトに書いてありました。

コンピュータ起動時のエラー メッセージ "無効な Boot.ini ファイルです" または "Windows を起動できません"
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;330184

要するにBoot.iniを再構築することで、壊れたBoot.iniが原因で起動できなくなっていても回復できる、ということのようです。

なお、これに使う「回復コンソール」というのはなかなか便利なので覚えていて損はないです。

Windows XP での回復コンソールのインストールおよび使用方法
http://support.microsoft.com/kb/307654/

また、XPの修復インストール方法も書いてあります。

Windows XP を修復インストール (再インストール) するには
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb%3bja%3b881207

なお、この回復や修復を使用するにはことごとく「オリジナル セットアップ CD-ROM」が必要なわけですが、大部分の人が使用しているであろうメーカー製パソコンにはそんなものは付いていません。つまり「リカバリディスク」ではダメということ。しかしちゃんと救済手段があります。

Windows XP のインストール用起動ディスクを入手する方法
http://support.microsoft.com/kb/880422/JA/

これでフロッピーディスクドライブ経由で利用可能になります。この「インストール用起動ディスク」のCD-R版を作る場合は以下のサイトが参考になります。

1CDブート回復コンソール作製法
http://lets-go.hp.infoseek.co.jp/kaihuku.html

レジストリがぶっ壊れている場合は以下を参照。

Windows XP 復活
http://bios.sakura.ne.jp/gf/pc/pc/recovery.html

ここまで覚えておけば大抵の起動不能な事態には対処できるのではないかと。

なお、回復コンソールで利用できるコマンドは以下の通り。

Windows XP での回復コンソールのインストールおよび使用方法
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;307654

ITmedia エンタープライズ:Windows Tips「回復コンソールで利用できるコマンド」
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/windows/w0539.html

0

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log