Wikipediaから削除された項目を集めた「Wikitruth」


Wikipediaと言えばオンライン上の大辞典が売り文句で、誰でも好きに項目を編集できるというのが特徴でしたが、実際には編集合戦に陥ってしまい、まともに機能しなくなって凍結されてしまったりと、いろいろと問題が起きているのも事実なワケでして。

そんなわけで、Wikipediaから削除されてしまったものを集めたのがこのWikitruthというわけ。

Wikitruth
http://www.wikitruth.info/

サイト設立の経緯などは以下に書かれています。
Wikitruth:Introduction - Wikitruth
http://www.wikitruth.info/index.php?title=Wikitruth:About

これによると、Wikipediaはもはや誰もが自由に編集できる解放的な百科事典ではない、としています。自分自身の都合の良いようにねじ曲げられている、と。要するに検閲されているというわけです。誰によってかというと、ほかならぬWikipedia自身の手によって。

つまりWikipediaは本質的な意味での百科事典とは違うのに、そこに掲載されているからという理由だけでそこに書いてあることは本当だと普通の人々は信じてしまう、だからこそそれを使って情報操作しようとする人々が絶えず、それを是正する仕組みも働いていない、というわけ。このWikitruthは本当は正しいのに諸々の問題でWikipediaから消されてしまったことを掲載していくのが目的とのこと。

日本語版もそのうちできるのでしょうかね。

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log